クラミジア感染症とは

クラミジア感染症とは、「性感染症(STD)」いわゆる性病のことです。
長年にわたり日本において、性病罹患率が常にトップとされています。
推定ではありますが、感染者数は約100万人とされています。
特に10代の若者に多く、10人に3人は感染しているという説もあります。

 

もちろん、他にも性病には種類があります。
性感染症の部類では、感染率順に並べるとクラミジア感染症に次ぎ「淋病」、「AIDS」や「梅毒」となります。

 

またクラミジア感染症は、ここから2つに分けられます。
通常のクラミジア感染症と、咽頭クラミジアです。

 

一般的にはクラミジア感染症が多いのですが、オーラルセックスがポピュラーになった現在においては咽頭クラミジアの感染率も高くなっています。

 

さて、クラミジア感染症の根本的な原因は「クラミジア・トラコマチス」という病原体にあります。
球状や卵形をしている病原体です。
感染症のみにある基本小体のEBと、代謝活性にある網様体から成るもので、生きた細胞の中のみで増殖します。
この特徴は研究者の中でも珍しいと噂されています。

 

クラミジアは4種類あるのですが、性病を招く病原体は、このクラミジア・トラコマチスのみです。
クラミジア感染症は男女ともに感染しうる性病ですが、どちらにしても初期症状はほとんどありません。
それ故に発覚が遅れ、感染率が上昇していると考えられています。

 

また、女性におけるクラミジア感染症は将来的に不妊の原因にもなるため、できるだけ早期に発見したいものです。